Beginning to End.-002

Beginning to End.-002

  1. 機動戦士ガンダム・パラレルストーリー
    【Beginning to End】

第1章 第2話「ムンゾ」


 

「その噂はやはり本当か・・・」

「はっ!軌道上の衛生ハッキングでの実写映像なのでまず間違いないかと思います!」

「まだ地球は支配する欲望から目が覚めないとはな。
わかったギズル!引き続き監視を怠るな!
私は開発ルームに行って来る!」

「ハッ!」


 

上官とされるその男は仮面を付けていた。そして赤の軍服。

身体には肉体を押さえつけるいくつものプロテクターが装着されていた。見渡すと他の軍人らしき格好をした者たちも義足であったり、義眼にサイコスコープが装着されていたりと最早人間とは言いがたい者までいる。

そう、彼等はミュータントである。

先の暴発的な戦争事故による放射能汚染により生き残った人間とそこから産み出た多くの子供たちは奇形を越えた「ミュータント」であった。
大惨事にかろうじて生き残ったアジアの人間を世界は難民扱いをし、多少なりとも国民として保護をしていたが、彼等の子がミュータントとして生まれ出ずると社会は豹変した。

食物の風評被害、普通の人間との結婚による弊害、人間たる浅ましき思いの全てが彼等を迫害、そして見た目では分からない者まで差別するような空気が生まれた。

そこで地球政府の始まりであった世界連邦はそれらミュータントと思われる者と生き残ったアジア人をいっしょくたんに宇宙に上げてしまおうという政策へとと進んだわけである。

さらにその発想から生まれた宇宙移住後の民は世界連邦の保護下にあることから宇宙に上がっても難民扱いで参政権も自治権も与えられていなかった

当然だがそれは不満を生んだ。

彼等は、世界連邦が生まれる発端となった各国家の戦争事業の被害で放射能被ばくしたのだ。さらには難民として国を奪われ宇宙に上げられも、どこにも行けずコロニーに閉じ込められ、ただの植民地の者のように作業させられ、地球のために生かされているのであればその感情は当たり前かもしれない。

そして異形のなった肉体や、重力下では耐えられないその肉体が宇宙で馴染んでしまったというのも彼等にとっては皮肉でしかないのだ。

〈宇宙に棄てられ、宇宙でしか生きられない身体・・・〉

それはいつしか憎しみとなり、怨恨となり、反地球政府と諸悪の根源が地球人となっていくのは仕方が無いのかもしれなかった。


 

広大と思えるスペースコロニーでの彼等ミュータントによる秘密裏に行なわれる軍備増強も「ムンゾ」を管理する側と、やはり癒着や贈収賄あって可能とさせる。

地球から最も遠いスペースコロニー「ムンゾ」は、地球に対し月の裏側のコロニー軍の中でも最も遠い位置にあり、地球の周囲を回る月に対してほぼ直角に円を生して周っている。
その周期に対し火星へ最も近いのがムンゾであり、火星と木星の間にあるケレス(小惑星帯)での鉱物資源の採取が地球の新たな価値であり、それはゴールドより価値があるとされた。

ミノフスキー博士によるミノフスキー粒子と20世紀後半から21世紀に本格開発された「小ブラックホール・エネルギー」は、地球のあらゆるエネルギー問題を解決したが、それは新たな権力への闘争とも言えた。さらにムンゾと地球からさらなる新天地を目指した少数派のジュピトリアン(木星人)がそれら鉱物を地球にもムンゾにも取引したのである。
人間は永遠に軍備を増強し、奪い合う生き物なのかもしれない・・・。

(つづく)

©2014 PUNK,HARDCORE,JESTA